2016-08-23

Lucky Cat, NY

NYマンハッタンにある居酒屋さん、
LUCKY CATの壁に絵を描きました◎ 
さらにお店の入り口にも。
鍋などとても美味しくて、にぎやかな楽しいお店ですので、
NYにお越しの際はぜひ◎
LUCKY CAT
232 East 53rd Street NY New York,NY

2016-08-10

Chopsticks -Tadaomi Shibuya / Satoko Go Exhibition : hpgrp GALLERY NEW YORK

Chopsticks

2016.08.11 ( thu ) -2016.08.14 ( sun )
ARTIST
Tadaomi Shibuya, Satoko Go
RECEPTION
August 11th, Thursday, 6pm-8pm
GALLERY
hpgrp Gallery New York
New York, July19, 2016 - hpgrp Gallery New York is pleased to announce Chopsticks,
 a four day long art and design exhibition by Tadaomi Shibuya and Satoko Go from 
August 11th to August 14th, 2016.
Chopsticks features the work of two Japanese painters presenting a new series of works 
alongside everyday objects that Shibuya and Go have each infused with their unique 
creative styles. This body of work showcases their contrasting styles of painting; where
 Shibuya typically features reconstructed images using straight lines and faces inspired 
by various motifs, Satoko employs expressive lines to recreate plants, animals and spaces.
 This is re ected in their new design wares, including a series of toothbrushes and die-cut 
decorative lace tape, a ordably priced at $7 and $16 respectively.

ARTIST PROFILE

SATOKO GO
Satoko Go is an illustrator and graphic artist who was born in Japan in 1976. 
She started drawing in her 30’s and has been an active artist since 2012. 
Geometric patterns and designs feature in many of her works where she creates plants,
 animals and spaces through expressive lines. Throughout her career she has designed 
book and album covers, logos, posters, and industrial design. Her various art projects 
have ranged from painting to body art and commercial collaborations. As a commercial 
artist, Satoko was recently Art Director of the Japanese beauty rm Shu Uemura

TADAOMI SHIBUYA
Tadaomi was born in Yokohama, Japan in 1973. He is best known for reconstructing 
images using straight lines and portraits inspired by a broad range of motifs. 
His unique style has led him to numerous projects including Givenchy’s emblem 
design in 2008, and art direction of Nike’s Air Jordan CP3 IV in 2011, and, in 2012, 
an illustration of Robert Gri n III that was featured in a special edition of the 
Washington Post. Shibuya continued his work on the Jordan brand in 2014, 
and designing a t-shirt commemorating Jordan’s 1988 Slam Dunk Contest win. 
His recent works include tour merchandise designs for acts such as Rhymestar a
nd Fire Ball, as well as cover artwork for  Anarchy’s major debut album. 
Shibuya introduced his works in exhibitions at hpgrp Gallery Tokyo and 
WeSC GALLERY PARIS in 2009, and has participated in group exhibitions in 
London, New York, Los Angeles, Taipei and Bangkok.


Venue : hpgrp Gallery New York
434 Greenwich Street, New York, NY 10013
t. +1(646)838-8979
Open:11am-18pm (close 3pm on Sun)

2016-08-04

THE MOTHERSHIP RETURNS Parliament-Funkadelic Tribute Art Show

the Mothership has arrived!!!!! 

THE MOTHERSHIP RETURNS Parliament-Funkadelic Tribute Art Show 
Friday July 29 from Sunday August 7 
CLOSING NIGHT PARTY: Sunday August 7 from 4pm-7pm 
Featuring: Music by LoNNie "MeGA*NuT" MARSHALL! 
DJ Joy Fanatic! Special guests! Live Painting! Surprises!

LOCATION: 
Meltdown Comics 
7522 Sunset Blvd., Los Angeles, CA 90046 (323) 851-7223 - 

Meltdown website - 

2016-07-31

TADAOMI SHIBUYA SOLO EXHIBITION "IAI"


 
Tadaomi Shibuya SOLO EXHIBITION
IAI
2016.7.8(Fri.) – 7.30(Sat)
hpgrp Gallery Tokyo
Frame making: Ishii Machinery Co., LTD.

I show my new works based on a subject - near “future” by A.I. and human beings.  In this exhibition, I express a new world which rapidly evolving A.I. and human beings coexist and cooperate together from my perspective. 
This time, I present art works such as “Awakening” created by collaboration with A.I: “A.I.” with a frame which is a collaboration work with a company that manufactured satellite parts: “Harmony” which expresses ethical perspective in the future.

人工知能と人類の遠くない「未来」をテーマにした新作を発表します。
個展『IAI』は、ものすごいスピードで進化する人工知能と、人間が互いが共存し、協調する新しい未来の世界を、自分なりの観点から表現した作品の展示です。
今回、人口知能と共作した『覚醒』、人工衛星のパーツを製作している会社とコラボレーションして製作した額を使った作品『A.I.』、未来の倫理観を表現した『調和』などを発表しています。

2016-07-28

Star Trek Beyond

アメリカのエンターテイメント専門誌、”Variety”で、
Star Trek Beyondのイラストを描きました。
Variety : http://variety.com

2016-07-24

”THE MOTHERSHIP RETURNS” Parliament-Funkadelic Tribute Art Show


L.A.のMeltdown Comicsで行われる、P-FUNKトリビュートアートショウに参加します。お近くにお住いの方、L.A.に行く方は、是非見に行ってみてください!

I will be participating in”THE MOTHERSHIP RETURNS” Parliament-Funkadelic Tribute Art Show!
You should visit there by all means.
◼︎”THE MOTHERSHIP RETURNS”
Parliament-Funkadelic Tribute Art Show
Featuring an interstellar crew of Art Star-Children, Free-Minded Designers, Creative Cosmonauts, Nasty Astronauts, Galactic Graff Artists, Attenuated Atlanteans, Multimedia Maggots, Clandestine Clones, Bumpschool Sculptors, Atomic Dogs, Cool Kitties and Hardcore Funkateers:
George Clinton, Overton Loyd, Ronald “Stozo” Edwards, Hilda E. Garcia, Man One, Kenny Keil, KING CRE8, Chris Prynoski, Michael Massenburg, Tadaomi Shibuya, SKEME, James Reitano, Shepard Fairey, Rob Reger, Buzz Parker, Syndrome Studio, Melly Trochez, RODER, Leo Eguiarte, Maxwell McMaster, KUFU, Ted Lange IV, buna, Josh Ellingson, KEO, Ritzy Periwinkle, Funkprobosci, Carmen “Jane Dope” Acosta, Chris Herod, Eyeone, Albert C. Valdez, MARK7, Tony Washington, HITOTZUKI [KAMI & SASU], Jeaux Janovsky, CHUCK, Ismael de Anda III, Katy Unger, MonaLisa Whitaker, Kiyoshi Takami, Howard Davy with Nomadico, Seth Ernsdorf, Emilio Loza, MARK OF THE BEAST, Dave Kawano, SunEye [Akiko & Hashim Bharoocha], Jim Mahfood aka Food One, Unification Theory, PHADE, Pedro Balugo, Depthography Group featuring R. Stozo, Robert Munn & Sara Cook, Gustavo Alberto Garcia Vaca and more!

EXHIBITION DATES: Friday July 29 through Sunday August 7, 2016
OPENING NIGHT PARTY: Friday July 29 from 7pm-10pm

Featuring: Artists Talk! DJ Dex! Live Painting! Vintage P-Funk memorabilia for sale by Nubian Video Archives & Collectibles, LLC! Generously sponsored by Gigantic Brewing Company, featuring SCRILLA beer with label designed by Overton Loyd!
CLOSING NIGHT PARTY: Sunday August 7 from 4pm-7pm
Featuring: Music by LoNNie “MeGA*NuT” MARSHALL! DJ Joy Fanatic! Special guests! Live Painting! Surprises!

LOCATION: Meltdown Comics
7522 Sunset Blvd., Los Angeles, CA 90046

2016-07-22

個展IAI 展示作品 覚醒 / Awakening (2016)

展示作品
覚醒 / Awakening (2016)
1445x1120mm
acrylic, wood panel
実験的に下絵段階でGoogleのdeep dreamを使った、初の人工知能との共作。
展示期間は7/30までとなっております。

Tadaomi Shibuya Solo Exhibition
"IAI"
2016.07.08 (金) -2016.07.30 (土)
hpgrp GALLERY TOKYO
107-0062 東京都港区南青山5-7-17 小原流会館 B1
t.03-3797-1507
TEL:03-3797-1507
営業時間: 火~日 12:00~20:00 (月曜定休日)


2016-07-21

BASSCAMP RETURNS 2016

LIVE PAINTING 
"ROBO SAMURAI"
お越しいただいた方々、
DJ KENTAROくん
ASARIくん
GROUNDSTAR+のみなさん、
ありがとうございました◎

2016-07-11

MINI LIVEPAINTING / BMW GROUP Tokyo Bay

BMWグループ生誕100周年を記念したイベントにてライブペイントを行いました。
キャンバスはMINIです!

2016-07-04

BLACKBOND x cherry chill will Exhibition "REBORN"

NOS EBISU 12TH ANNVERSARY presents
BLACKBOND x cherry chill will Exhibition "REBORN"

ブラックカルチャーに多大な影響を受けたアートムーブメント集団BLACKBOND ( BLACK BELT JONE DC、TADAOMI SHIBUYA、NOVOL)と、ヒップホップやレゲエなど国内外のブラックミュージック・アーティストらのアルバム・アートワーク/ライブ撮影などを手掛けるフォトグラファー、cherry chill willが、「REBORN」(再生)をテーマとしたアート・エキシビションをNOS EBISUにて一ヶ月間開催する。

既に存在しているものを分解し、組み換えることで新しい息吹を吹き込むことは、長年ブラックミュージックの根底にあるテーマであり、サンプリング、リミックス、ダブなど様々な手法で「再生=再構築」が行われてきた。今回のエキシビジョンでは、BLACKBOND x cherry chill willが「再生=再構築」をストリートアート的な観点から捉える。これまでBLACKBONDのメンバーがイベントで生み出してきたライブペイント作品を素材とした再構築アートや、cherry chill willの写真をサンプリングしBLACKBONDの世界観を落とし込んだコラボ作など、趣向を凝らした作品がNOS EBISUの店内を彩る。

更に、7/31にはNOS EBISU 12TH ANNIVERSARY PARTYが開催され、NOS、 BLACKBOND、そしてcherry chill willに縁のあるアーティスト達が一同集結する。

2016/7/7(木) - 7/31 (日)  at NOS EBISU(ノスエビス)
*entrance:free

※会場となるNOS EBISUは飲食店のため、ご来場の際は必ず1オーダー以上のご注文をお願いします。
※土曜、日曜、祝日は貸切営業が大変多くなっております。観覧ご希望の方は店舗(NOS EBISU 03-5773-1727)へ確認の上、ご来場頂く事をお勧めします。

NOS EBISU 12TH ANNVERSARY PARTY "REBORN"
-Our favorite bourbon Maker's Mark-

■LIVE&DJ's
Coming Soon...

■ART & LIVE PAINT
BLACKBOND x cherry chill will

2016/7/31(日) at NOS EBISU(ノスエビス)
17:00 OPEN / 23:00 CLOSE

■BLACKBONDプロフィール





ブラックカルチャーに多大な影響を受けた「黒いつながり」をもつBLACK BELT JONES DC、TADAOMI SHIBUYA、NOVOLによって発足された変幻自在な黒いアートムーブメント集団。

結成直後からMTV presents SOUL CAMP、Mighty Crown presents SUMMER BLOCK PARTYなど大型フェスに連続してライブペイントで出演。三者のBLACKな個性がBOND(繋ぐ)されたクロスオーバーに注目が集まる。

BLACK BELT JONES DC
1973年東京都出身。アートディレクター、デザイナー/reversal.dogi.desugn.works(rvddw)ディレクター。グラフィックワークをベースにCDジャケット、アパレルブランドのテキスタイル、店舗壁画、フェスやレセプション等でのライブペインティングを行っている。ディレクターを務めるブランド 「rvddw」では企画からデザインまで全てのデザインを担当し武道・スポーツと黒い世界観をクロスオーバーさせている。

Tadaomi shibuya
1973年横浜市出身。直線的に再構築する世界感を持つイラストレーター/アーティスト。その独自のスタイルで数々の世界中の企業とのコラボレーションやクライアントワークを行っている。東京、バンコクでの個展や、ロンドン、NY、LA、台北などで数々の展示に参加、表現の場は国内外、ジャンルを問わず多岐に渡る。

NOVOL
1979年生まれのペインター、デザイナー。JAZZに衝撃を受け絵を志す。以来、人間と音楽の漲る関係を人間性溢れる顔をベースに描き続けている。インプロビゼーションさながらの画力とスピードはインパクト絶大。様々なコラボレーション、店舗内外装壁画やライブペインティングで国内外からNYへ招聘などで活動の幅を広げている。

■cherry chill willプロフィール


1978年青森県八戸市出身。写真家。レコードショップ「CISCO RECORDS」で98年から08年までスタッフ/バイヤーとして勤務後、独学で写真をはじめ2009年より本格的に活動を開始。HIP HOP,Reggaeの現場を中心に国内のアーティスト/DJは勿論、海外DJ/アーティストの来日ライブを多数撮影。数々のビックイベントや国内外のアーティストによるジャパンツアBillboard Live Tokyoのオフィシャルフォトグラファーも務めるなど現在も多くのミュージシャン、アーティスト達を撮り続けている。またCDジャケットやアーティストフォト、スタジオセッションも多数手掛ける。
ストリートファッション方面からの支持も受け国内外のブランドカタログ撮影を担当するなど多角的に活動の場を広げる「現場叩き上げ」の写真家。

NOS EBISU
〒150-0022 
東京都渋谷区恵比寿南2-3-14コンツェ恵比寿B1F
TEL:03-5773-1727
営業時間
月曜日〜木曜日 18時〜2時
金曜日〜土曜日 18時〜5時
日曜日、祝際日 17時〜23時

2016-07-03

TADAOMI SHIBUYA SOLO EXHIBITION "IAI"

ここ2ヶ月ぐらい、誰にも会わず家に閉じこもっていたのはこのためです。
7/8から開催されます、個展「IAI」のお知らせです。
ギャラリーでの新作による個展は『教』以来で、気づけば6,7年ぶりになります。
グループ展などで作品の制作を積み重ねながら個展の構想をしつづけ、
自分が表現したいことと作品が一致し、
この度ようやく個展ができることが素直にうれしいです。
テーマは『AI / 人工知能』。
どうぞよろしくおねがいいたします◎

◼︎澁谷忠臣 個展 「IAI」
2016.07.08 (金) -2016.07.30 (土)
hpgrp GALLERY TOKYO
107-0062 東京都港区南青山5-7-17 小原流会館 B1
TEL:03-3797-1507
Email: art@hpgrp.com
URL:http://hpgrpgallery.com/
営業時間: 火~日 12:00~20:00 (月曜定休日)

TADAOMI SHIBUYA SOLO EXHIBITION "IAI"
2016.07.08 ( fri ) -2016.07.30 ( sat )
hpgrp GALLERY TOKYO
107-0062
B1F 5-7-17 Minamiaoyama,Minato-ku, Tokyo
t.03-3797-1507
Email: art@hpgrp.com
URL:http://hpgrpgallery.com/
Open:12:00 〜20:00
Regular Holiday:Monday and Every Last Sunday

2016-06-24

IAI

IAI 
is coming soon.

2016-05-01

THE BEATNUTS x DJ SARASA JAPAN TOUR 2016

THE BEATNUTS X DJ SARASA Japan Tour 2016
T-Shirtsなど、ツアーグッズデザインをさせてもらいました
▪️THE BEATNUTS X DJ SARASA Japan Tour 2016▪️
ツアースケジュール
4/30 (Sat) 金沢 MANIER
5/1 (Sun) 東京 SPEAKEASY (Psycho Les DJ set)
5/3 (Tues) 東京 CIRCUS
5/5 (Thurs) 和歌山 PEPO NA MALAIKA 
5/6 (Fri) 福岡 MILLS
5/7 (Sat) 奈良 CLUB BRIDGE
5/8 (Sun) 大阪 SUNHALL
5/13 (Fri) 仙台 HI-HAT
5/14 (Sat) 盛岡 MAD DISCO

2016-04-27

K-1 NEW AGE


4月21日(木)に徳間書店から発売されました、
K-1のムック本「K-1 NEW AGE」に夢の対決をテーマに、
武尊、魔裟斗、アンディフグ、ヴァンダレイ・シウバ選手などを
描かせていただいています。

2016-04-26

ART of ULTRAMAN

ART of ULTRAMAN、たくさんのご来場ありがとうございました◎

2016-04-25

"Rest in Peace,Prince"

Ebisu Premium Glamping 2016 Waxpoetics Japan Festival
bbjdc x Tadaomi Shibuya  livepaint 
"Rest in Peace,Prince" 

2016-04-22

PRINCE

R.I.P

2016-03-25

ultraman


ウルトラマンの絵を展示します!
大好きだったウルトラマン。子供の頃にたくさん描いていたので不思議な感覚ですw
お楽しみに◎
『ウルトラマン』シリーズとアーティストが新宿タカシマヤでコラボレーション!


『ART of ULTRAMAN』

ULTRAMAN × SHINJUKU TAKASHIMAYA

同時開催:円谷プロダクションクリエイティブジャム

・会 期:4月13日(水)~25日(月)※最終日は午後4時閉場

・会 場:新宿高島屋10階美術画廊
・会 期:4月13日(水)~26日(火) 
・会 場:新宿高島屋1階ザ・メインスクエア
<10階美術画廊出品作家>50音順・敬称略
井上 裕起(立体)、大森 暁生(彫刻)、北川 宏人(立体)、坂口 健(陶芸)、
澁谷 忠臣(平面)、瀧下 和之(絵画)、田中 武(絵画)、富田 菜摘(立体)、
永島 千裕(絵画)、増田 敏也(工芸)、松浦 浩之(絵画)、松岡ミチヒロ(立体)、
松山 賢(絵画)、三瀬 夏之介(日本画)、宮岡 貴泉(工芸)、山本 太郎(日本画)

2016-03-24

Andy Warhol

Wall painting  / Andy Warhol  (Tokyo)

2016-03-23

"CHOWA Mk-I"

"CHOWA Mk-I"
910x727mm
Acrylic on wood

ロボットと人間がごく普通に共存している、機械やテクノロジーに満ちあふれた
未来の世界における新しい信仰や文化のイメージ。
人種、宗教などの隔たりの無い調和された世界を思い描いています。

2016-03-14

Nipponia Nippon



新潟で高さ4m、全長25mのトキを描きました。

2016-02-24

JOMON ALIVE

"CHOWA Mk-II"
910x727mm
Acrylic on wood

2/24-3/7
縄文ALIVE 展
場所;新宿高島屋 10F 美術画廊
〒151-8580 東京都渋谷区千駄ヶ谷5丁目24番2号
お問い合わせ 10階 美術画廊 直通 TEL(03)5361-1615

Art Exhibition
 "Jomon Alive"
venue:Takashimaya Shinjuku Store 10F Bijyutsu Garo (Art Gallery)
5-24-2 Sendagaya, Shibuya-ku
TEL (03)5361-1615

2016-02-03

2016-01-25

RHYMESTER


ONCE AGAIN』のMVのグラフィックをやらせてもらったのがきっかけで、
ここ何年か、ライムスターのグッズデザインをやらせてもらっていますが、
今回も冬のグッズ(Tシャツ&タオル)のデザインさせてもらいました。

ファンであり、リスペクトするライムスターのグッズをデザインできるのは
とてもうれしいです◎

2016-01-16

JOYCE





猿を描いた作品『憂い』が、香港のセレクトショップ、JOYCEのウインドウディスプレイに使用されました。香港に行く方はぜひチェックしてください!
The monkey image "UREI" has just been installed at JOYCE central store in Hong Kong, store window display.